赤ちゃんのためを思う名前をつけるにはどうすればいいのか

何を基準にするのか

a woman is pressing

名前をつけるにしても、何を基準にして決めればいいのかわからない。と思う人も多いでしょう。ここでは赤ちゃんにつける名前として、決め方の基準を紹介したいと思います。

businessman working with laptop

それぞれ考えよう

a woman is watching laptop

男の子と女の子によってもちろん考える名前は変わってきます。だからこそできるだけ早い段階で、どっちが生まれても良いようにしっかり名前の案を出しておくことをおすすめします。

漢字には注意しよう

woman is using a laptop to work

やっぱり人とは違う個性あふれる名前をつけてあげたい。そう思う親も多いと思います。しかし残念ながら現在は赤ちゃんの名前としてふさわしくない漢字もたくさんあるんです。

いじられないように

a man and laptop

大切な赤ちゃんの名前、あなたはどのように考えますか?もちろん赤ちゃんにつける名前は一生ものですので、安易に変な名前をつけるわけにはいきません。そのため、しっかり時間をかけてできるだけ良い名前をつけてあげることが重要だと言えるでしょう。では今回はあなたや赤ちゃん本人が後悔しないような名前の付け方について紹介したいと思います。まず第一前提として、人にへんないじり方をされないかどうか?というところに注目してください。あなたは自分の名前を人にいじられた経験はありませんか?最近ではよくキラキラネームと呼ばれるような名前をつける親が増えてきています。キラキラネームというのは個性的な名前をつける上では良いですが、世間的にはけして良いイメージを与えません。また同級生の友達などにいじられてしまいやすくなるでしょう。学校では先生にも名前の読み方が通じない恐れも出てきてしまいますので、キラキラネームと呼ばれるようなタイプの名前はまず避けてください。何かのゲームやアニメのキャラクターのカタカナ名を無理やり漢字に当てて見るとか、ブランド品の名称を漢字に当ててみるなど、最終的にはこどもに恨まれてしまう可能性も十分にあります。赤ちゃんの名前でまず心掛けてほしいのは、とにかくつけられる本人の気持ちになって考えてあげること。誰がその名前を見ても違和感のないような名前をつけてあげることが一番幸せな結果へと導きます。こどもから自分の名前について感謝されるようにあせらず本当に良い名前を考えてつけてあげてほしいと思います。